ハイセキュリティ文書管理クラウドサービス
「DocValue Standard/ドックバリュースタンダード」

重要文書を管理できるドキュメント管理サービスの決定版

サービス概要

多様なドキュメントを一元管理できるクラウドサービス


DocValue Standard/ドックバリュースタンダードは、文書の登録、閲覧、廃棄のライフサイクル全般の作業をクラウド上で一元管理し、情報共有を可能にするサービスです。 高セキュリティ環境でシステムを構築し、機能を実用性の高いものに限ることで、高いコストパフォーマンスを実現しました。

 

 

 

特徴

堅固なセキュリティ基盤

多くの個人情報取り扱い実績を誇る堅固なセキュリティ基盤を使用するため、契約書や稟議書などの重要文書の登録が可能です。

低価格を実現

文書管理に必要な機能に絞ることで低価格を実現しました。

ユーザーライセンスフリー

管理者ユーザーにてユーザーの追加登録が可能なため、人数を気にせずご利用いただけます。また、人数が増えてもデータ使用量をダッシュボード機能にて確認できます。

主な機能・操作環境

ファイル登録

登録画面にファイルをドラッグ&ドロップするだけで登録できます。
登録時、ファイルの種別(ファイル・資料・その他)を設定することができます。


ブック登録

複数のファイルをピックアップし、ブックとして取りまとめることができます。
関連性のあるファイルを一目で把握できるように管理することができます。


ファイル・ブック検索

豊富な検索手段から、目的のブックやファイルを簡単に見つけることができます。
例えば、文章の改訂に影響のあるブックを探すことが素早く行えます。


新旧差分抽出機能

文言差分、イメージ差分(※)などの新旧差分出力機能の活用で、校正作業を効率化できます。
※2つのファイルをイメージ比較し、変更された部分を分かりやすく表示します。
改訂前後で校正する際など、どこが変わっているのかを一目で把握できます。


バージョン管理

ブック・ファイルの全てがバージョン管理されます。
ブックは好きなタイミングでバージョンアップができます。
過去バージョンとなったブックは、ファイルもそのままの状態でシステムに保管されます。